只今建築中

S様邸 建築現場

2014.11.4 着工前敷地

着工前敷地。今回は築年数の古い母屋は解体し、増築部は残す。部分解体からのスタートとなる。

シンプルな全解体と異なり、母屋と増築部分の慎重な切り離し作業と、塞ぎ工事が必要。


2014.12.17 部分解体

着工前、うっすらと雪が積もる。

切り離し・解体作業が無事終了した。塞ぎ工事の仕上げが残る。


2015.1.12 地鎮祭

前日までは荒れた天候だったが、当日は快晴に。

地盤は少々ぬかるんでいたが、施主様曰く「雨降って地固まる」

地鎮祭とは、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、


その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。

一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。

鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言う。

〇ウィキペディアより抜粋


2015.1.26 基礎配筋

鉄筋を組み、面で建物を支えるベタ基礎。今回は配筋を2重に組んだ補強ベタ基礎を採用。

写真中央に鉄筋が集中している部分があるが、これは地中梁の為の配筋である。

コラムの下にはこの地中梁が走っており、荷重を効果的に分散する。


2015.1.26 基礎コラム

30φのコラム。配筋が地中梁と一体となっており、前述の通り荷重を分散させる。

通常の基礎と違い、立上りが無いため湿気だまりが出来ず、完成後のメンテナンスも容易である。


2015.2.20 1階構造躯体

構造躯体には100%国産材を使用している。写真は4寸角の柱。

1階構造躯体にはすべて加圧注入式防腐防蟻処理が施されており、躯体の寿命をさらに長いものとする。

劣化対策だけでは無く、防腐防蟻処理剤による健康被害も考えなければならない。

薬剤はACQを使用しており、アレルギーも持つお客様でも安心して住まえる家づくりとなる。


2015.2.27 構造躯体

天候を考慮し、屋根から仕上げていく。


2015.3.1 上棟式

餅まき決行。あいにくの天気だったが、沢山の方に集まって頂けた。皆笑顔。

最近では餅まきを行っているところをあまり見なくなった。

一生に一度の家づくり、是非とも皆様にも行って貰いたいと思う。


2015.3.11 外部耐力壁

柱・梁で建物を支える軸組在来工法であるが、最近は外部は筋交いでは無く耐力壁を使用する。

これによって、2×4工法の面で支えるメリットと軸組工法のメリットが融合した頑強な建物となる。気密も取り易い。


2015.3.26 外部付加断熱

耐力壁に付加断熱用の枠材を取付け、そこに隙間なく断熱材を収めていく。

外部付加断熱のメリットは、充填断熱では熱橋となる柱などを丸ごと包んでしまえる点。

但し、断熱材の厚みを取ることが難しい。充填断熱と外部付加断熱の2重構造でこれをクリアする。


2015.4.3 充填&外部付加断熱

外部と同じく、内部充填断熱も隙間なく施工していく。

今回使用したのは木質系断熱材、ウッドファイバー。

自然素材の安全性と吸放湿性に優れ、蓄熱体としての効果も持つ。

こちらは苫小牧工場で生産されている。


2015.4.7 定点撮影


防水透湿シートでくるまれた外部。サッシ取付けも完了、まずは一安心。

ここから先の工程は、あまり天候に左右される事も無い。


2015.4.26 カウンターアローファン

2階上部から1階床下までシャフトが通り、ファンにて空気を下ろす。

ただでさえ、1~2階の温度差が少ない建物となっているが、

空気を循環させることによってさらに室内環境が平均化される。

北上市F様邸

北上市N様邸

金ケ崎 K様邸

金ヶ崎 S.N様邸建築現場

W様邸 建築現場

S様邸 建築現場

S様邸 建築現場

上に戻る